管理や手入れが大変な刀剣も気軽に買取査定
ロゴ

保管が大変で維持するのが難しい刀剣も買取り

管理や手入れが大変な刀剣も気軽に買取査定

刀

武器から美術品へと変わったもの

最近は多くのメディアで取り上げられるようになった刀剣。明治の初頭に発令された「廃刀令」によって、日本での「武器」としての刀剣使用が禁止されました。それから月日が流れ、日本での刀剣とは「美術品」としての扱いになりました。また、それは世界的にも同じことで、海外には刀剣をコレクションしている人も多くいます。

刀剣買取に必要不可欠

「蔵に眠っている刀剣を処分したい」、「自分では手入れができないから・・・」などの理由で刀剣を買取に出す方は少なくありません。そんな時に必ず持っていかなくては行けないものがあります。それは、その刀剣の登録証です。この登録証がない場合、買取はおろかその刀剣を所持することも自宅から持ち出すこともできません。もし登録証がなかったり紛失している場合は、警察署に相談してみて下さい。

刀剣を高く買い取ってもらう目安

刀剣には多くの種類があります。短刀や脇差しなどの小さなものから、打刀や太刀などの60cm以上の長さを持つものと様々です。そんな中でも短刀や脇差しは買取価格が低くなります。短刀や脇差しを専門にしている企業もありますので、買取の際はそちらを確かめるのもいいでしょう。

刀剣は銘が彫られて無くても作者がわからなくても大丈夫

骨董品の多くが作り手が有名だから高額の買取をしてもらえると思っている人も少なくないと思います。その考えが刀剣にも当てはめられます。しかし、刀剣は例え無銘であっても高額で買い取ってもらえることがあります。例えば戦国武将の伊達政宗が所有していた「大倶梨伽羅」と呼ばれる刀は無銘ですが、使用していた武将が有名なために高額査定の対象となります。

刀剣の買取業者を利用した人達の声

もう何年も家で眠っていた刀

代々受け継いできたと言われた刀ですが、手入れの仕方もわからずにずっと押入れに眠っていました。でも、大事にされていたものと考えると気が進まなかったけど、きちんと手入れをしてくれる方に渡ると聞き、買取をお願いしました。

誰の刀かわからなくても大丈夫

家にあった刀ですが、誰が作ったものかわからなかった。それでも売れるのかと半信半疑で持っていったがきちんと買い取ってくれた。作った人が誰か知らなくても対応してもらえたのは嬉しい。

丁寧な対応で買い取ってくれた

趣味で様々な刀剣を集めていたが、孫が最近色々なものに触れる時期になり、危ないと娘に注意されました。なかなか愛着があったが、孫にケガをさせられないからと買取をお願いしました。素人の手入れでもきちんと見てくれて、丁寧に買い取ってもらえたからよかったです。

家財道具の整理整頓のために

マイホームを立て、引っ越しのために家財道具の整理整頓をしていたら、押し入れの奥から刀が出てきました。驚いて母に尋ねると、祖父がもらったものと聞きました。しかし、自分も母もあまり刀には興味がないので、買取をお願いする事にしました。刀の知識のない自分にもわかりやすく説明してくれたので、スムーズに手続きができました。

錆びついていても買い取ってもらえた

母から相談を受け、父の収集した刀剣の処分を手伝うことになりました。父は集めるのは好きですが、刀剣に関しての知識がなく、あまり手入れもされていなかったらしく、所々に錆がついていました。刀剣の買取をしていると聞き、錆びているから断られるかなくらいの気持ちで業者に相談しました。すると快く買い取ってくれたので、相談してみてよかったです。